歌词《白虎野の娘》

白虎野の娘 -パプリカ ED-
作詞、作曲:平沢進

遠(とお)くの空(そら) 回(まわ)る花(はな)の 円陣(えんじん)の喧(かまびす)しさに
あの日(ひ)や あの日(ひ)に 超(こ)えてきた分岐(ぶんき)が目(め)を覚(さ)ます

かげろうに身(み)を借(か)りて 道(みち)を指(さ)す娘(むすめ)を追(お)い
高台(たかだい)に現(あらわ)れた 名(な)も知(し)らぬ広野(ひろの)は懐(なつ)かしく

あれが夢(ゆめ)で見(み)せた街(まち)と 影(かげ)の声(こえ)がささやいた
来(く)る日(ひ)も 来(く)る日(ひ)も 幾千(いくせん)の分岐(ぶんき)を超(こ)えた時(とき)

暗(くら)がりの賢人(けんじん)が 捨(す)てられた日々(ひび)を集(あつ)め
海沿(うみぞ)いに 海沿(うみぞ)いに 見(み)も知(し)らぬ炎(ほのお)を躍(おど)らせた

あーマントルが饒舌(じょうぜつ)に火(ひ)を吹(ふ)き上(あ)げて
捨(す)てられた野(の)に立(た)つ人(ひと)を祝(いわ)うよ
あー静(しず)かな静(しず)かな娘(むすめ)の視野(しや)で
あー見知(みし)らぬ都(みやこ)に灯(ひ)が灯(とも)りだす

高(たか)く空(そら) 朱(し)に染(そ)め 火(ひ)の燃(も)えるごときの雲模様(くももよう)
あの日(ひ)や あの日(ひ)や あの時(とき)に無(な)くした道(みち)を見(み)せ

繰(く)り返(かえ)し夢(ゆめ)に吹(ふ)く 風(かぜ)を追(お)い時(とき)が下(くだ)り
川沿(かわぞ)いに 川沿(かわぞ)いに 見(み)も知(し)らぬ至福(しふく)の花(はな)を見(み)た

あーマントルが饒舌(じょうぜつ)に火(ひ)を吹(ふ)き上(あ)げて
捨(す)てられた野(の)に立(た)つ人(ひと)を祝(いわ)うよ
あー静(しず)かな静(しず)かな娘(むすめ)の視野(しや)で
あー見知(みし)らぬ都(みやこ)に灯(ひ)が灯(とも)りだす

あーマントルが饒舌(じょうぜつ)に火(ひ)を吹(ふ)き上(あ)げて
捨(す)てられた野(の)に立(た)つ人(ひと)を祝(いわ)うよ
あー静(しず)かな静(しず)かな娘(むすめ)の視野(しや)で
あー見知(みし)らぬ都(みやこ)に灯(ひ)が灯(とも)りだす

发表留言

秘密留言

应援
TRIGUN布教团
☆COS☆
KANAME☆さん!偶像大人!!! KANAME☆さん OOSHI~小O~~ OOSHI 廃児さん・咲さん 廃児さん・咲さん
☆绘者☆
鬼猫屋 「銀月飛霜」 芳住和之
其他
好友一览

little-wtich迷失之地

阿彭少爺的部屋